一番町健診クリニック
お電話のでお問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら
アクセス

遺伝子(がん遺伝子検査)

がん遺伝子検査とは

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の後天的な変化を血液を用いて調べることにより、 画像診断では発見が困難な「微細ながん細胞の存在リスク」を評価します。 そのリスク評価により、がんの予防や早期発見、再発防止などを行うための有用な情報を提供します。
希望者には後日予約の上、当クリニックにて医師による結果説明が受けられます。 ぜひ検査をご検討ください。

遺伝子検査の目的

  • 超早期診断
  • 予防管理
  • 再発防止管理 など

検査方法の比較

検査方法の比較

コース一覧

コース名 検査内容 料金 (税込)
遺伝子検査
(FreeDNA濃度検査)
FreeDNA濃度測定 ¥16,800
遺伝子検査
(リスク評価コース)
FreeDNA濃度測定・遺伝子発現解析・がんリスク評価 ¥98,800
遺伝子検査
(総合検査コース)
FreeDNA濃度測定・DNAメチル化解析・遺伝子発現解析・突然変異解析・がんリスク評価 ¥204,480

価格に関するご注意

健康保険組合、各種団体より補助金制度が適用になる場合がありますので、
実際のご負担金額については、お気軽にお問い合わせ下さい。

検査項目内に重複があった場合、減額はございませんので、ご了承ください。

Mutation(突然変異)解析

がん遺伝子に変異(Mutation)が起こると、特定のたんぱく質の働きが促進されることで過剰な細胞増殖を引き起こし、 これががん化につながります。また、がん抑制遺伝子に変異が起こると、その遺伝子が不活性化します。 つまり、がん抑制遺伝子の本来の働きである細胞増殖抑制作用、DNA修復作用、アポトーシス誘導作用等が 不活性化するため、がん遺伝子が活性化した細胞を排除することができず、がん化を抑制できなくなります。
(当遺伝子検査ではがん遺伝子(RASなど)など合わせて最大7種類の遺伝子について50コドンの遺伝子変異を検出します。)

Expression(RNA発現)解析

遺伝子の塩基配列がmRNAに転写されると、mRNAが核内からリボゾームに移動します。そこにtRNAが運搬してきたアミノ酸が次々と融合し、 ぺプチジル基転移反応によりペプチド鎖が合成され、タンパク質が合成されます。これを遺伝情報の発現といいます。 がん関連遺伝子についても突然変異を起こしただけではがん化は引き起こされません。変異配列(異常な配列)が転写、 翻訳されることで初めて異常タンパク質の機能が発現し、過剰な細胞増殖が起こり、これががん化を引き起こします。
(当遺伝子検査では、47種類のがん関連遺伝子の発現状態を検出します。)

Metilation(メチル化)解析

脊椎動物のDNAには5'-CpG-3'配列の繰り返しが多い領域があり、CpGアイランドといいます。 ゲノムDNA中のCpG配列の過半数のシトシンはメチル化されています。 個々の遺伝子において、遺伝子の発現を調整する領域(遺伝子発現調整領域)にCpGアイランドが存在する場合、 正常の遺伝子ではメチル化されておらず、発現可能な状態になっています。
しかし、Cpgアイランドが高度にメチル化されていると、その遺伝子の転写に支障をきたします。 高度にメチル化(CpGアイランド高度メチル化)されているほど遺伝子の転写は強く抑制され、発現が抑制されます。 p16、MLH1などのがん抑制遺伝子がCpGアイランド高度メチル化をきたすと、遺伝子発現が抑制され、不活性化が起こります。 現在このがん抑制遺伝子の不活性化が発がん機序のひとつとして重要視されています。
(当遺伝子検査では最大14種類の遺伝子についてCpGアイランド高度メチル化を検出します。)

検査結果のお願い

遺伝子検査の検査結果は一般の検診結果よりも遅れての発送になります。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご配慮頂けますようお願い申し上げます。

PAGE TOP

一番町健診クリニック

〒980-0811
仙台市青葉区一番町4-9-18TICビル4F、5F
TEL:022-217-6678(月〜金曜日8時30分〜17時)