一番町健診クリニック
お電話のでお問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら
アクセス

胃部X線検査

バリウムによる胃がん検診とは

胃がんは日本人に多いがんで、罹患率は男女合わせてトップで、死亡者数も年間5万人近くにのぼります。
しかし、胃がんは早期に発見することができれば、90%は治癒する治療成績の良いがんです。
胃がん検診は早期発見・早期治療・死亡率の減少のために有効な方法のひとつです。
定期的な健康診断の受診をおすすめします。胃がん検診には胃部X線検査、胃内視鏡検査(胃カメラ)があります。

部位別のガン疾患率順位

胃部X線検査について

バリウムと発泡剤を服用して、X線を照射し胃の状態を観察する検査です。発泡剤を飲むことで、縮んだ胃を膨らませることができます。そして、バリウムを飲み胃の中にまんべんなく付着させることで、胃全体の形や大きさ、粘膜の状態など詳しく観察することができます。そのため、検査中に体の向きを変えていただくなど、指示に合わせて動いていただきます。より良い画像のために、ご協力をお願いします。

胃の画像

胃部X線検査の注意事項

  • 検査当日の飲食はお控えください(前日の夕食は午後9時までに済ませてください)
  • 放射線を使用するため、妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方は検査を受けることができません
  • 体質や過去の病気によっては、アレルギー反応が出たり、バリウムが腸内で固まって腸閉塞を起こしてしまう、などの可能性がございます。詳しくは、医師・看護師等にご確認ください
検査種別 検査内容 料金 (税込)
胃部X線検査 直接撮影-食道2shot/胃部14shot ¥14,590

PAGE TOP

一番町健診クリニック

〒980-0811
仙台市青葉区一番町4-9-18TICビル4F、5F
TEL:022-217-6678(月〜金曜日8時30分〜17時)